装備

モシン・ナガンの魅力について

今回はロシア発の名狙撃銃
「モシン・ナガン」シリーズの歴史や特徴をご紹介します。

1891年に開発されたロシアの「モシン・ナガン」。
何度もカスタムを行いながら、1930年まで使用されており、今でも熱狂的な人気を集めています。
サバゲー、ライフル好きの方なら、知らない人はいないというほどの認知度。

伝説のスナイパー、シモヘイヘが愛用していたこともあり、名銃としても非常に有名です。
サバゲーを楽しみ方なら、知っておいて損はないでしょう。

モシン・ナガンの歴史

モシン・ナガンはロシア帝国軍の「セルゲイ・イワノビッチ・モシン」によって開催されました。
軍人でありながら、銃器開発にも精通していたナガンは、モシン・ナガンの開発によって大佐の地位を築き上げます。

また、モシン・ナガンはベルギーの「エミール」、「レオン」のナガン兄弟と協力して作られています。
モシン大佐とナガン兄弟によって作られたため、この名が付けられました。
あまりに人気の出たモシン・ナガンは、製造がロシア内では追いつかず、スイス・フランス・アメリカなどでも開発されていきます。

1924年に剣留めをスプリング式リングに改良、装弾クリップのシンプル化など、マイナーチェンジが行われました。
1930年には細かい部分をモデルチェンジがされたモシン・ナガンM1891/30が開発されました。
8角外形のレシーバーを丸型に変更、ハンドガードの装備などのカスタムを行い、コストダウンが行われています。

非常に優れた機能性を持っており、20世紀の戦場では最も多く使われたライフルになります。
崩壊3rdや少女前線など、ゲームのキャラクターが使用することもあり、マルチな人気があると言えるでしょう。

人気のあるシリーズ

それでは、モシン・ナガンシリーズのいくつかの種類をご紹介したいと思います。
細かい部分がカスタムされているため、少しずつ違いを見ていきましょう。

モシン・ナガンM1891/30

  • 全長:1230mm
  • 重量:3000g
  • 口径:6mmBB
  • 装弾数:22発
  • 機構:ボルト式エアーコッキング
  • 銃床:オニグルミ
  • 付属品:銃剣とスリング

初期ロット:2007年2月28日発売
第2ロット:コッキングピースフォルム改良
第3ロット:ラチェット巻き上げマガジンに改良
第4ロット:一部パーツの金属化、スリングの追加

ボルトアクション・ライフルの代名詞としてその名を馳せ、今現在も人気が衰えないモシン・ナガンM1891/30。
ボルトを立てそのまま引き切るKTWアクション方式で、第4ロットからはコッキングピースが金属化されています。

第1ロットから第4ロットまで互換性のあるパーツで作られていることが特徴。
六角レンチで左右調整ができるサイトも金属化されており、Fサイトガードも互換性があります。
ただし、フロントサイトピンは互換性がないので、注意しておきましょう。

モシン・ナガンM1891/44 カービン

  • 全長:1025mm
  • 重量:2450g
  • 口径:6mmBB
  • 装弾数:22発
  • 機構:ボルト式エアーコッキング
  • 銃床:くるみ材・オイル仕上げ
  • 付属品:ワトコ油

第1ロット:2008年6月21日発売
第2ロット:2012年2月発売

折りたたみ式銃剣を組み込んだモデル。
ライフルと比べると205mmの全長差があり、リアサイトは小さめに作られています。
小型化したカービンはリアサイトも1000mまでに縮小した代わりに、銃剣が出せることがメリットです。

銃剣の出し方

  1. 剣身基部のラグを引きロックを解除
  2. 外側に開いて180度回転
  3. ラグをさらに引いて穴を銃口にはめて固定

カービンモデルは取り回しがしやすく、第2次世界大戦後も世界中でコピーが使用されました。
中国、北ベトナムなどで使用されており、共産軍装備としてもぴったりです。

モシン・ナガン狙撃銃改

  • 全長:1230mm
  • 重量:3110g
  • 口径:6mmBB
  • 装弾数:22発
  • 銃床:くるみ
  • 機構:ボルト式エアーコッキング
  • 付属品:スリング、スコープマウントベース

2018年の4月に発売されたばかりの最新カスタムモデル。
スコープマウントベースは、レシーバー左側にある2ヶ所のヘリサート入M4ネジ穴に取り付けます。
付属品である長いネジを使い、レシーバーをはめ合わせ固定させます。
レールは楕円穴の方が前になり、短いネジを使って2ヶ所で固定。
後ろを軽く締めたら、銃身線と位置を合わせたら、強く締めたら完成です。

まとめ:モシン・ナガンとは

最後にモシン・ナガンについて再度まとめましょう。

ロシア発のボルトアクション・ライフルであるモシン・ナガン。

さまざまなモデルチェンジがされており、世界中で使用された名銃です。

今回ご紹介した3種類のモシン・ナガンの特徴は

モシン・ナガンM1891/30:世界中で活躍した歩兵銃モデル

モシン・ナガンM1891/44 カービン:折りたたみ式銃剣モデル

モシン・ナガン狙撃銃改:2018年発売の最新狙撃用ライフルモデル

細かくカスタムモデルが発売されていますが、どれもが世界中で人気を集めたモシン・ナガンシリーズ。

銃剣モデルからライフルモデルまで、数多くの戦場で活躍していました。

ボルトアクション・ライフルとして、今でも人気のあるモデルです。

サバゲー好きなら、一度はモシン・ナガンシリーズを使用してみてはいかがでしょうか。

高額買取"