装備

元自衛隊が教える!! 正しい銃の構え方

実際に元自衛隊の方に執筆していただいた記事です。
使用していたモデルを例に正式な構え方をこの記事で知りましょう!

こんにちは!
皆さんは銃を見たり、や戦闘服を着用したり、さらにはサバイバルゲームで擬似戦闘をすることは好きでしょうか。

サバイバルゲームでは、必ず自分の模擬銃を使用してゲームをすると思いますが、その際、銃はどのように構えているでしょうか。
ゲームでありながら、銃の構え方1つでゲームのモチベーションは変わってきます。
なぜならゲームの勝敗を決めるのは、自分の武器を正しく使えているかにもよるからです。

例えで言えば、ヨレヨレのスーツを着て仕事を始めることと、アイロンをかけてビシッとしたスーツで仕事をするのでは、仕事に対するモチベーションとさらには結果をも違ってくる、ということを銃に置き換えて見ると銃の構え方1つでゲームのモチベーションが変わってくるのならば、銃の構え方を知っておいても損はしません。

これから、元自衛隊員が教える銃の構え方について書いていきたいと思います!

実際に自衛隊で使用していた銃

  1. アサルトライフルの64式小銃
  2. 89小銃
  3. 9mm機関拳銃

サバイバルゲームで使用する模擬アサルトライフルには、M16A1や、AUG、AK47等、様々な模擬銃があります。
逆に模擬短機関銃では、MP5などがあります。

アサルトライフル64式小銃の構え

pic via wikipedia

アサルトライフルである64式小銃ですが、この小銃は全体で約4キロあり、さらには全長が990mmあったため、戦闘時に小回りが利かないアサルトライフルでした。
比較的重い銃のため、構える際は必ずショルダーストラップを肩にかけてから、構えました。

構える際は、グリップを手で握りますが、銃弾を発射するまでは、トリガーの中に指は入れません。
ただし、すぐにトリガーを引けるようにするためにトリガーのすぐ外側で、人差し指を置きます。

そして、もう片方の手は、64式小銃であれば、弾倉の先の銃身を持ちます。 この両手の場所は、どんな時も同じ場所に置きます。
そうすることで、銃を自分に引き寄せ、いつでも発射する用意ができるようにするのです。 この両手の置き方をすることで、身体の動きがきちんと銃を中心に動いていく変化を体感できるのではと思います。

手の置き方が分かった時点で、銃身の向きについてですが、標的がいない間は、常に銃身は下を向けます。
つまりは、銃口は地面に向いているということです。
そして、標的を目視できた際は、64式小銃の構えでは、ショルダーストラップを緊張させ、小銃を腰の部分につけて、標的に向ける構えと、肩にストックをつけて、肩を中心に銃の動きが回るように構えます。
こちらの構え方では、腰の部分で構える仕方より、銃を中心に自分自身が機動的に動くことができ、さらに目も自然に標準を合わせて見るので、私はアサルトライフルを構える際は、肩にストックをつける構え方をおすすめします。

89式小銃の構え方

pic via wikipedia

次に、同じ89式小銃ですが、重量がおよそ3.5キロ、長さは420mmというように、64式小銃と比べても、軽量化されていることが分かります。

さらに、プラスチックを多用しているため、構える際も気軽に構える事が可能です。 構え方は、64式と変わりませんが、肩にストックをつけて構える仕方が標準方式です。
また、プラスチックを多用しているため、照準を見る際に、頬当てに頬を当てる際、64式と比べても、頬が痛くならないというメリットがあります。

次に、9mm機関拳銃ですが、こちらはアサルトライフルの64式小銃、89式小銃と比べても、非常に銃身が短い事が分かります。
そのため、アサルトライフルとは違った構え方をします。構え方としては、ショルダーストラップを肩からかけます。

ライフルのようなストックはないため、グリップを手で握り、身体の前、胸の前に銃身を持っていく形で構えます。 敵を正確に射撃するよりかは、打撃を与えるというイメージで、構えると良いですね。 最後に、拳銃の構え方を紹介します。

9mm式拳銃の構え方

pic via wikipedia

自衛隊の拳銃は9mm式拳銃を採用しています。
サバイバルゲームでの模擬拳銃では、コルトガバメントや、デザートイーグルなど多種多様な種類があります。
9mm式拳銃は、海外の拳銃と比べても、銃身が短いのが特徴です。構え方としては、片手で目の高さまで持ちます。その際、グリップを握る際はきちんと一番上まで隙間なく握りましょう。
人差し指は射撃の時までトリガーの外側に位置します。

両手で射撃をする場合は、すでにグリップを握った手を包み込むように片方の手を置きます。
その際、もう片方の手はグリップを支えるようにし、親指は銃の側面に位置させます。

拳銃を撃つ際の立ち方としては、体の銃身は少し前のめりにします。

そうする事で、銃を撃った際の衝撃を体で吸収することができるからです。また、拳銃を撃つ際は、両手で撃つ方が衝撃に耐えられます。

初心者が行う構え方として、アサルトライフルのショルダーストラップを肩にかけて、ぶらぶらしながら構えたり、さらにはいつも人差し指をトリガーにつけていたりしているときがあります。

不安定な上に、暴発する可能性もあるので、行わないようにしましょう。

また、拳銃では、カッコつけて拳銃の銃身を斜めにして射撃するときがありますが、そのような射撃では、射撃時に衝撃が全て手と腕に伝わり、痛みますので、危険行為は行わないようにしましょう。

銃を構える際は必ず銃口を下に向く事が重要です。

サバイバルゲームといえども、きちんと銃の基本的構え方を知り、基本を疎かにせず方法を尊重する事で実りある、楽しいサバイバルゲームができると思います。

是非参考にして楽しくゲームしてみてはいかがでしょうか!

高額買取"