サバゲーフィールド

千葉県はサバゲーマーの楽園!! フィールド事情・ショップ情報

まさに楽園!千葉のサバゲーとは

千葉には各所に広大なサバゲーフィールドがあり、フィールドの種類も多岐にわたります。
フィールドの多くは印西市や白井市にあり、広大な敷地内に展開する、森林、砂漠、市街地フィールドはまさに圧巻といっていいでしょう。

こういった広いサバゲーフィールドが多くあることも、千葉でのサバゲー人気が伺えますね!

また、インドアゲームが楽しめる屋内フィールドもあり、まさにサバゲーマーにとって楽園と言っても過言ではないと思います。

千葉のどのフィールドを利用してもハズレなし!
まだ千葉のフィールドを利用した事のないサバゲーマーは訪れる価値あり!

千葉でのサバゲーフィールド/ショップ

これからご紹介するのは、千葉でサバゲーするなら是非訪れて欲しいフィールド、ショップです。

前述した広大なフィールドと聞くと、「友人だけで借りて遊べない!」「定例会に参加するのはちょっと緊張する」と思ってしまう方もいらっしゃると思います。

そういった方の為にも広いフィールドだけでなく、友人やチーム内で借りて遊べるフィールド、そんなフィールドをピックアップしたいと思います。

FOREST UNION

こちらは千葉県印西市にある、ユニオングループが運営するフィールドの一つ。

やはりFORESTというだけあって、13,200㎡という広大なフィールドにうっそうと広がる雑木林、竹林が特徴的です。

フィールドのあちこちに遮蔽物となるオブジェクトが設置されており、隠れたり撃ち合ったりとより一層ゲームの緊張感を高めてくれています。

夜戦時は日中のゲームよりさらに緊張感があり、適度な間隔に設置された灯りを頼りにしながら、暗闇の中からいつ相手が出てくるのか、そんな手に汗握る攻防が楽しめます。
施設の設備は女性専用トイレ、更衣室、シャワールームなど配慮されており、女性サバゲーマーにとっては嬉しいポイントですね!

また、隣接するフィールドにU-BOXというインドアフィールドがあり、死角が多く限られた室内フィールドでの緊迫したサバゲーを楽しむことが出来ます。

まさに千葉サバゲーフィールド界、楽園の主、といったところでしょう。

初心者が千葉でのフィールド選びに迷ったら、まずはUNIONグループ内のフィールドに行ってみても良いかもしれませんね!

グループ内のフィールドは、料金システムなどほぼ同じだったりするので、慣れてきたらお気に入りのフィールドも探しやすいと思います。

HEAD SHOT/LITTLE HEAD SHOT

こちらもUNIONグループが展開する市街地フィールドになります。

HEAD SHOT最大の特徴としては、「LITTLE HEAD SHOT」という予約不要、途中参加OKの定例会を頻繁に開催している点です。

前述したFOREST UNIONでも同じ予約不要、途中参加OKの定例会を開催していますが、初心者の方が気軽に参加できるという点ではこちらの定例会がおすすめです。

HEAD SHOTとLITTLE HEAD SHOT(以下LITTLEと略)ではフィールドが分かれており、初心者と上級者で自然と住み分けが出来ているのも良いポイントだと思います。

LITTLEのフィールドはHEAD SHOTと比べてコンパクトなので、10人くらいの少人数チームや初心者の友人同士で貸切する場合、料金がお安い面もあるので、足を運びやすいのは嬉しいですよね。

ここまでLITTLEのおすすめをしてきましたが、もちろんHEAD SHOTの魅力はLITTLEだけではありません!

敷地面積約8,000坪、プレイフィールド約5,000坪のフィールド、その中には2階建ての建物が多く建ち並びます。

本物の市街地戦さながらのより立体的な視点が求められ、スリリングさを加速してくれます。

始めはLITTLEで、慣れてきたらメインフィールドHEAD SHOTで!初心者から上級者まで楽しめるフィールドを是非堪能してみて下さい。

NO.9

こちらは印西市に位置する、なんと山が丸ごとサバゲーフィールドになっている、まさに夢のようなフィールドです。

敷地面積約20,000坪で、タイプ別に6つのフィールドに分かれています。

高低差が楽しめるセンタフィールドでは山ならではの上下の攻防戦が、リドリーフィールドでは中近東のような雰囲気で市街戦が、などなど様々な状況を楽しめます。

新しいフィールドとしては、2017年10月にミッドタウンフィールドが完全リニューアルされ、増設された建物の2階通路は必見で、非常にゲームをスリリングに感じさせてくれます。

ゲーム環境にも抜かりがなく、フィールドには水はけの良くなるウッドチップを引いてあり、多少の雨でも問題なく楽しめるのはありがたいですね。

サバゲーマーにとってのテーマパークのようなフィールドをご堪能あれ!

Mokei PADDOCC(もけいパドック)

日本最大級の面積を誇る千葉の総合エアガンショップです。

1Fではエアガン販売のみならず、ゲーム中の飲食に適した食品も販売されています。

地下と2F3Fの東側にはサバゲーが出来るフィールドになっており、地下では迷宮のようなフィールドが、2F3Fでは市街戦が楽しめます。

購入したばかりのエアガンでゲームに臨むことも出来るのは、試し打ちも出来るので嬉しいですよね。

もちろんシュートレンジもあるのでそちらでも試し打ちが出来ちゃいます。

外国製のエアガンも多数取り扱っているので、初心者にはサバゲーデビューしやすい環境が整っているショップです。

DELTA

こちらは屋内型のサバゲーフィールド。

なんといってもフィールドに設置された「UH-60ブラックホーク」がミリタリー好きには堪らない演出だと思います。

面積は約380坪とコンパクトですが、ホテルや民家、港にある埠頭を模したオブジェクトなどがフィールド内に無数に設置されており、ゲームの雰囲気を盛り上げてくれます。

また、先にヒットしてしまった人もエントランスのモニターでゲーム状況を確認できるで、屋外のフィールドにはない、DELTAならでは良さだと思います。

ワイヤレスフラッグの導入や、進行状況に応じてゲームマスターがBGMで盛り上げてくれるなど、最先端のサバゲーフィールドといえるでしょう。

初心者やライトなサバゲーマーでも楽しめる、進化したフィールドは必見です!

まとめ

以上、千葉のサバゲーフィールド/ショップでした。

非常にフィールドの数が多く、迷ってしまう方もいると思いますので、訪れる際には是非参考にして頂ければと思います。


初心者は → HEAD SHOT/LITTLE HEAD SHOTへ
本格サバイバル体験をしたいなら → NO.9
どきどき夜戦を楽しみたいなら → FOREST UNION
劇場型、最先端サバゲーフィールド体験は → DELTA
千葉でサバゲー始めるなら → Mokei PADDOCC

以上、千葉県サバゲーフィールド・ショップ情報でした。

高額買取"