東京マルイ

【現役中古ショップ店員監修】東京マルイ電動ガン商品8選

東京マルイの電動ガンの特徴

東京マルイの電動ガンはその安定性や精度の高さから売上シェア1位を誇り、世界各国で特許を取得しています。
また軍や警察のトレーニングにも使用されることからもその信頼性の高さが伺えます。

海外製電動ガンにはカスタムを前提としたものもあり、ノーマルのままではサバイバルゲームでの使用に支障をきたしたり、最悪故障してしまったりするものもあります。

東京マルイの電動ガンは箱出しでも十分以上の性能と耐久性を備えており、特に初心者の方にもおすすめのメーカーです。

今回は東京マルイの中でも最初の一丁におすすめの電動ガンをご紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

電動ガン以外の東京マルイおすすめ商品はこちら

現役中古ショップ店員がおすすめする東京マルイ商品12選 東京マルイの商品の特徴 https://www.tokyo-marui.co.jp/ これからエアガンを買おうと考えている...

次世代電動ガンのおすすめはこちら

【中古ショップ店員監修】東京マルイ次世代電動ガン商品8選 東京マルイの次世代電動ガンの特徴 高い精度と安定性で定評のある東京マルイ製電動ガンですが、近年新たな魅力を加えた...

東京マルイおすすめ電動ガン8

東京マルイ DEVGRUカスタム HK416D 次世代電動ガン

全長800/880mm[サプレッサー非装備時715/790mm]
重量3,700g (サプレッサー含む)
銃身長275mm(インナーバレル長)
装弾数6mmBB弾 82発

DEVGRUは米軍の中でも精鋭が集まるSEALDsから更に過酷な訓練をクリアした者だけが入隊できる最強の特殊部隊です。
その特殊部隊での採用が確認されているのが今回紹介するDEVGRUカスタムHK416Dです。

体型に合わせて6段階に伸縮できるクレーンタイプのストックを装備し、様々なシチュエーションに対応できます。
また射撃を安定させるためのバーティカルグリップやサプレッサーも標準で装備。特殊部隊のテイストを存分に味わえます。

性能は40m先のマンターゲットも外さない精度を誇り、次世代電動ガンの特徴である激しいリコイルを体感することができます。

M4がベースとなっているためマガジンは共有のものが使用でき、オプションで300連多段マガジンも発売されているので、サバイバルゲームではマガジンを複数持ち歩かなくても戦えます。

リアルな外観も所有する喜びを与えてくれる一丁です。
買って後悔することはまずないと言えるでしょう。

東京マルイ スカーH 次世代電動ガン

全長901.7/965.2/711.2mm(バレル最長時)
825.5/889/635mm(バレル最短時)
(最短/最長/ストック折畳時)
重量3,630g
銃身長300mm(インナーバレル長)
装弾数6mmBB弾 90発

SCARはベルギーのFN(ファブリックナショナル)が製作した汎用型アサルトライフルです。
実銃での最大の特徴は使用する弾丸の口径に合わせてバレルとユニットを入れ替えることができる点にあります。

異なる弾薬を使いたいときにライフルごと買い換える必要がなくなるので、作戦に応じた最適な弾薬を選ぶことができ、汎用性とコスト削減が期待できるライフルとして2010年から米軍に採用されています。

東京マルイでは7.62mmを使うSCAR-H5.56mm弾を使用するSCAR-Lをラインナップ。
今回は大きい弾薬を使うSCAR-Hをご紹介します。

東京マルイのSCAR-Hは実銃のモジュラーシステムを踏襲し、アウターバレルの長さをショートとロングで好みに合わせて変更することができます。

実銃では7.62mmという大型の弾薬を使用するためマガジンは一回り大きくなりますが、BB弾の装弾数が増えるというメリットがあり、オプションの多段マガジンは500発ものBB弾を装填することができます。

カラーはブラックとFDE(フラットダークアース)の2種類。
SCARといえば砂地でも目立ちにくいFDEが有名ですが、ブラックも精悍な締まったイメージで、好みによってチョイスできるのもポイントです。

各種光学照準器を搭載可能な20mmレールを上部全体、ハンドガード前部、下部に装備しているため、ウェポンライトやグリップなどの装着も可能です。

人気のある銃のためカスタムパーツも多く発売されており、購入した後も様々にカスタマイズすることができます。

すぐにそれと分かる独特のデザインと拡張性の高さが魅力のSCAR。
性能もトップレベルで安定しているので、万人におすすめできる銃と言えそうです。

東京マルイ G36Cカスタム 次世代電動ガン

全長530/745mm(ストック伸長時)
重量2,930g
銃身長260mm(インナーバレル長)
装弾数6mmBB弾 50発

G36はドイツのH&Kが開発したドイツ軍制式採用アサルトライフルです。
優れた基本性能からドイツ軍のみならず、対テロ特殊部隊のGSG9、イギリス警察などにも採用されています。
残弾確認が容易なシースルー型のマガジンを使用し、マガジン同士を連結させることも可能で、リロードをより素早く行うこともできます。

G36にはいくつかバリエーションが有り、G36Cはコンパクトモデルとなっています。
スタンダードモデルのG36Kとの違いは全長が短くなったほか、G36Kで標準装備だった簡易スコープを廃止、20mmレールを装備し汎用性を高めています。

またストック部分にはチークパッドを装備。スコープやドットサイトを覗き込むときに頬付けしやすくなります。

次世代電動ガン特有のリコイルショックはコンパクトになっても健在で、小気味よいリコイルを響かせます。

よりコンパクトになり、様々なシチュエーションで活躍できるG36C。
メインウェポンとしておすすめです。

東京マルイ AK47 TYPE-3 次世代電動ガン

全長875mm
重量3,115g
銃身長300mm (インナーバレル長)
装弾数6mmBB弾 90発

世界で最も普及したアサルトライフルと言えばAK47以外にはありません。
天才銃器設計家のミハエル・カラシニコフが世に送り出した最も信頼性の高いアサルトライフルの一つです。

AK47は砂や土といった異物が多少入ろうとも確実に作動するように、製造段階で各パーツ間にあえて隙間を設けることで、動作不良を極限まで低減しています。
一説では泥水の中から拾い上げてそのまま撃つこともできたようです。

その堅牢性と信頼性、シンプルな構造により世界中にまたたく間に普及したので、戦争や紛争の起きている地域では見ないことはありません。

そんな頑丈かつ無骨なAK47を東京マルイの最新技術でリファイン。
マガジンを装填し、ボルトを引いて射撃可能という実銃さながらのアクションを電動ガンで再現しました。

特徴的な木製ストックやグリップは特殊塗装で美しく再現され、プレス加工されたフレームは本物と見間違えるほどの完成度を誇ります。
実銃のAKのように泥水に漬けることはできませんが、東京マルイの高い技術力により安定した射撃と激しいリコイルを楽しむことができます。

スコープを載せたりグリップを付けたりといった拡張性には欠けますが、逆に言えば何も足す必要はないほどに完成されています。

シンプルで豪快なAK47の魅力を感じられる数少ない電動ガンでしょう。

東京マルイ P90 TR スタンダード電動ガン

全長504 mm/ 670 mm(サプレッサー装着時)
重量2,100g
銃身長247 mm(インナーバレル長)
装弾数6mm BB弾 68発

先ほど紹介したSCAR-Hと同じFN社の代表作とも言えるサブマシンガンです。

実銃ではサブマシンガンながら50発ものキャパシティがあり、5.7×28mm弾という防弾チョッキを貫通させるために特殊弾を撃つために開発されました。

グリップ、ストック、マガジンが一体となった独特のデザインですが、全て人間工学に基づいて設計されており、素早い取り回しを可能としています。

全長は504mmとコンパクトですが、ブルパップ式(機関部がグリップより後方にある)のためバレルが長く、命中精度が高いのが特徴です。
サプレッサーも標準装備しているため射撃音を低減させることができ、敵に発見されにくくなるのもメリットの一つです。

また重量も2100gと電動ガンの中では軽い部類なので、走り回るアタッカーや狭い場所での戦闘にはぴったりの一丁と言えます。

東京マルイ コルトM4A1カービン スタンダード電動ガン

全長767 mm / 851 mm(ストック伸長時)
重量2,950g
銃身長364 mm(インナーバレル長)
装弾数6mm BB 68発

コルトM4A1カービンは米軍制式採用アサルトライフルとして長い実績を持っており、世界中で不動の人気を誇ると言っても過言ではありません。

優れた基本設計と操作性により、多くのメーカーがカスタムモデルを製作しています。

実銃と同様に東京マルイのM4A1はもっとも汎用性の高い設計のため、互換性のあるパーツが星の数ほど販売されており、自分好みにカスタマイズするのに困ることはありません。

今回紹介するのは東京マルイのM4の中でもスタンダードなモデルとなります。
シンプルな形状のハンドガード、キャリングハンドルを外せばスコープ等の搭載も可能です。

次世代電動ガンではないのでリコイルやオートストップ機能はありませんが、その分カスタムパーツの豊富さや耐久性で勝る電動ガンの王道を行くモデルです。

東京マルイ MP5A5 HC ハイサイクル電動ガン

全長490/660mm(ストック伸長時)
重量1,800g
銃身長230mm(インナーバレル長)
装弾数6mmBB弾 400発

MP5は世界中の特殊部隊、対テロ部隊で採用されているH&K社製のサブマシンガンです。

その命中精度の高さから警察や特殊部隊で高い評価を受け、人質救出作戦などデリケートな任務で活躍しています。

当然東京マルイもこの人気機種をモデルアップ。
さらにハイサイクルにすることで秒間25発もの連射を可能となり、圧倒的な制圧力を誇ります。

2kgを切る重量に伸縮可能なストック、400連ドラムマガジンを装備し、このままゲームに投入できるスペックに仕上がっていますので、初心者の方には特におすすめできる一丁です。

東京マルイ ステアーHC タンカラーモデル ハイサイクル電動ガン

全長610mm
重量2,680g
銃身長260mm(インナーバレル長)
装弾数6mmBB弾 330発

ステアーAUGはオーストリアの銃器メーカーステアーが開発したアサルトライフルです。
ブルパップ式のアサルトライフルとしては最も長く運用されており、制式採用は1977年のオーストリア軍に始まります。

コンパクトな全長に長いバレル、ハイサイクルによる制圧力の高さが最大の特徴で、フィールドを選ばず運用が可能です。

ハイサイクル化は連射速度が上がるだけではなく、セミオートのキレが良くなり、トリガーを引いてから発射までのタイムラグが軽減されるというメリットもあります。
したがって、フルオートが禁止されているインドア戦やセミオート限定ゲームでその威力が遺憾なく発揮できます。

さらにこのステアーはトリガーを浅く引けばセミオート、引ききればフルオートと切り替えることができ、実銃同様のメカニズムを再現しているのもポイントの一つ。
とっさの動作をより確実なものとしてくれます。

330連マガジンとフォアグリップが標準でついてくるのも初めて電動ガンを買う方にはメリットとなるでしょう。

近未来的なフォルムに惹かれて買うもよし、連射速度に惚れ込んで買うもよしのおすすめの電動ガンです。

まとめ

以上、今回は初めて買う一丁というポイントで紹介してきました。

特に多段マガジンが最初から付属している電動ガンは、予備マガジンを買わなくても十分サバイバルゲームに対応できるので、すぐに始められるのもメリットと言えます。

女性の方や体力的に不安がある方はP90やMP5などのサブマシンガン系もおすすめです。
電動ガンにリアリティを求める方は次世代を選ぶと高い満足感が得られます。

基本的にはどれを選んでも性能に不足はないので、自分の好みで選んでもまったく問題ありません。
ぜひじっくり見比べて自分好みの一丁を見つけてください。

どれを選んでも素敵なサバイバルゲームを送れること間違いなしです。

高額買取"