その他

護身用にエアガンってどうなのか

最近日本も物騒になってきました。

日本は治安の良い国と言われていますが、この先も治安の良い国のままであるかはわからなくなってきています。
自衛のために色々考え、護身術を習ってみたりしている方もいるのではないでしょうか。
しかし、護身術を習うのにも通う必要があり、時間がかかります。
そんな中、護身用にエアガンを持つのはどうなのか?と思った方もいるのではないでしょうか?

今回は護身用にエアガンを持つことはありなのかを書いていきます。

法的にはどうなのか?護身用としての役割を果てしてくれるのか?
気になる疑問を解決していきます。

そもそも法的にどうなの?

最初に、法的に護身用のエアガンを持つことについて説明していきます。

法的に言うとエアガンを持つこと自体は違反ではありませんが、グレーゾーンではあります。
そもそも、無意味に危険物を持ち歩くことは禁止されており、護身用と言っても認めてもらえない場合があります。

エアガンをむき出しのまま持っており、警察の方に見つかってしまうと、職質を受ける可能性は高いです。
モデルガンを相手に向けたりモデルガンの空砲を発泡し、実際に逮捕された方もいます。

以上のことから、法的には護身用としてエアガンを持つことはあまりお勧めできません。
どうしても、持ち歩きたい方はむき出しの裸のまま持ち歩かないようにしましょう。

むき出しにエアガンを持つことで周囲に無用不安や、不快感を与えてしまいます。
また、エアガンで防衛してしまうと過剰防衛になる恐れもあります。

エアガンの威力について

エアガンは護身用としての威力があるのかを説明していきます。

先ほども書いた通りエアガンは当たりどころによれば過剰防衛になってしまう恐れがあるほどの威力があります。
もしも、エアガンの弾が目に当たれば相手は失明してしまうでしょう。

そうなれば過剰防衛となってしまいますし、危険です。
サバイバルゲームでもゴーグルの着用はしなければならないほどですし、生身に近距離でBB弾が当たるとかなり痛いです。

護身用として持つには威力が充分すぎるでしょう。
エアガンはおもちゃですが、使い方次第では凶器にもなってしまうので、気をつける必要があります。

護身用として使えるのか?


先ほど威力の話はしました。

エアガンの威力と危険性については分かってもらえたと思います。
それでは次に、護身用として本当に使えるのかを書いていきましょう。

まず、サバゲーをやったことのない方がエアガンを護身用にしたところで当たらないでしょう。
エアガンを狙った方向に飛ばすためにはコツも必要ですし、ゼロインと呼ばれる弾丸を狙った方向に飛ばす調整も必要になってきます。
護身用にエアガンを購入した、これで安全だとはならないのです。

また、威力は十分だとは言いましたが、それは近距離で肌に当たった場合や致命的な箇所に当たった場合で、集めの服を着ている箇所に当たった場合はそれほどのダメージは無いでしょう。
そうなると狙う場所が限られ初心者の方には無理でしょうし、それで顔を狙ってしまうとこちらも法的処置を受けるおそれもあります。

次にサバゲー経験者ですが、もちろん顔を狙うのは厳禁ですし、
何よりサバゲー経験者はその危険性やデメリットを分かっていることから護身用にエアガンを持つことは無いと思います。

エアガンを無闇に持ち歩き、問題になると後でも書きますが、自分たちの首を締めることになるので、サバゲーマーが護身用にエアガンを持つことはあまり無いのではないでしょうか。

他の人の迷惑にもなる


記事を読んでいて薄々分かっている方もいらっしゃると思いますが、
筆者は護身用にエアガンを持つことをあまり推奨していません。

それは先に書いたように法律的にもグレーであることもありますし、過剰防衛になったり、危険だと言うこともあります。

しかし、それだけではありません。

エアガンを護身用として使用することで他のサバイバルゲームを愛する人の迷惑にもなるかもしれないのです。
エアガンやモデルガンは度々マスメディアに取り上げられ、その影響で規制の声がネット上でも流れることがあります。

やはり危険な面もあるおもちゃですので、快く思わない方もいるのでしょう。

そんな中、護身用としてエアガンを使用してしまった場合どうなるでしょうか。
何かには護身用として最適という流れもあるかもしれませんが、
エアガンの危険性を重要視するメディアも多いでしょう。

それが、過剰防衛になってしまうと、サバゲーマーの肩身はますます狭くなってしまいます。
これが、サバゲーマーに迷惑をかけてしまうかもしれない可能性です。
サバイバルゲームをしている方の多くは、善良な人ばかりです。
スポーツの一種ですし、礼儀正しい人がほとんどでしょう。

そんな中、一人の勝手によってサバゲーマーの楽しみが奪われてしまうのは回避したいです。

終わりに


以上が護身用にエアガンはどうなのかという疑問についての記事となります。

読んでいただけるとお分かりになると思いますが、筆者的にはエアガンを護身用にすることは、全くお勧めしません。
やめておいたほうが良いでしょう。

メリットは少なくデメリットが大きいです。

また、他のサバゲーが好きな人に迷惑をかけてしまうのもよくないです。
ニュースなどでエアガンを悪用され、規制の話題が上がると筆者も複雑な気分になります。

おもちゃは正しい使い方で使用しましょう。

今は護身用のグッズも防犯グッズも多いのですから、そちらで探して見てはいかがでしょうか。

 

高額買取"